化粧水の正しい選び方

化粧水の正しい選び方

メニュー

化粧水の役割

スキンケアの基本中の基本、化粧水。
初めて自分でスキンケア商品を購入した時それが化粧水だったという人も多いのではないでしょうか。

ただ、みんながつけているからつけ始めたっていう優秀なお肌の持ち主もいるかもしれません。
化粧水ってどうしてつけるのか、それを知っているだけでスキンケアの選び方や、やり方がぐんと納得できるようになると思います。

肌は、水分によって守られています。
たくさん水分があればある程、きめが細かく隙間が少ないのでダメージを受けることの少ない肌であると言えます。

この水分を調整してあげる役割が化粧水です。
だから、化粧水は肌にきちんと浸透させることができるかが一番のポイントになります。
そこで、テクスチャーが個人の好みに分かれます。

大きくわけて、さらさらタイプととろとろタイプの化粧水があるのですが大抵前者はさっぱり系、後者はしっとり系です。
ただ、ときどきさらさらしているしっとり系化粧水があるのですがわたしは敏感肌の方にはこのタイプのテクスチャーをおすすめしたいです。
なぜなら、とろとろタイプの化粧水は確かにしっとりするのですがべたつきもあって、それが敏感肌の人にはかゆみや赤みの原因になってしまうことがあるのです。

※赤みが出るようならすぐに使用をやめましょう。
赤みは炎症の現れ。それはシワの原因となり、くすみの原因ともなります。
乾燥原因による小じわ対策のサイトで詳しく>>

でも、敏感肌の多くは水分不足が原因ですので保湿力は見逃せません。
そこで、さらさらしっとり化粧水の出番という訳です。
また、使い方もいかに水分を押し込めるか、が重要なのでぺちぺちと塗って終了!ではなくゆっくり時間をかけてはいるだけたっぷりとハンドプレスしましょう。

このハンドプレスをしっかりすると安い化粧水でも効果が全く違います。
化粧水の浸透がスキンケアでは最も重要な作業になるのでそれが終わればクリームやオイルは優しく表面になじませて終了でOKです。
ときどき、コットンでパックすると化粧乗りも良くなり肌の明るさがワントーンアップすると思います。
何気なく使っている化粧水だと思いますがちょっと役割を考えてみると見る目も変わってきませんか。

※ハンドプレスは目の周りはあまりやらないようにしましょう。
目の周りの皮膚は薄く、過剰にプレスすると目の周りが赤く炎症を起こしやすくなります。
特にかゆみが出やすい部分で見た目に影響が出ます。軽く伸ばす程度にしましょう。
目の周りの乾燥原因によるかゆみ対策のサイトで詳しく>>

プレ化粧水って必要?

化粧水の前の、プレ化粧水って少し前から流行りだしましたよね。
そのあとにつける化粧水の浸透力を上げるためのアイテムです。
プレ化粧水だけではなくて化粧水の前につける美容ジェル、オイル、乳液など…。

なんだかいろいろあるような気がしますがあれって必要なんでしょうか?

私はずっと化粧水の前にさらに化粧水って抵抗?というか、意味があるのかしらと思っていました。
でも、あるとき化粧水の前につけるオイルをサンプルで頂いて、考えが変わりました。

つけるのとつけないのとでは、スキンケアを終わったあとの潤いが全然違うのです。
正直オイル自体があんまり好きではなかったのですが、オイルのあとから化粧水をつけることで特有のべたべた感もなく気持ちよく過ごせます。

最近は特に専用のオイルではなくて生活の木、というシリーズのオリーブオイルを化粧水の前に使っています。
ものすごく乾燥が気になる時には、オイル→化粧水→オイル→化粧水というように2往復するとぺたぺたもっちりになります。

冬の乾燥にはぴったりです。
いろんなアイテムがあって、何を使えばいいのかわからなくなりそうですが自分にぴったりの使い方を見つけると、効果も断然アップしますよ!

オイル系がどうしても…という人は、セラミド系で肌にフタができる保湿化粧品がおすすめ。
主に目の周りの乾燥にも使えるような敏感肌向けにこのタイプがあり、しみにくく安全に潤いを感じることができます。